読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米アップルは今年発売するスマートフォンの次期モデル「iPhone 7」

米アップルは今年発売するスマートフォンの次期モデル「iPhone 7」(通称)について、同社製品の製造を手がけるサプライチェーン企業(部品の供給と製造のネットワーク)に、7200万~7800万台を生産するよう依頼したという。 (海外の著名アナリストらはこう見ている) (海外の著名アナリストらはこう見ている) これは、台湾の経済日報(Economic Daily News)が最初に報じたものだが、その後複数の米メディアがこれを取り上げ、大きな話題となっている。 エルメス iphone7ケース iPhoneを再び成長へ これらの報道によると7200万~7800万台は今年の年末までの生産台数。これはiPhoneの新モデルの初回生産台数として過去2年で最大。 シリコンiPhone7ケースまたアナリストの予測台数だった6500万台も上回っているという。 もしこの報道が正しければ、アップルは今年投入する新モデルでiPhoneを再び成長させることができると考えているのかもしれない。 iphone7ケース 同社が昨年9月下旬に発売した「iPhone 6s」「同6s Plus」は機能が前モデルと大きく変わらなかったためか、10~12月期のiPhoneの販売台数は7478万台となり、1年前と比較し1%未満の微増にとどまった。 また今年1~3月期の販売台数は5119万台で、同16%減少。 シリコンiPhone7ケースこれに伴いアップルの売上高は同13%減となり、その四半期売上高は13年ぶりに前年実績を下回った。 このことから、今後アップルがiPhoneの販売を再び活気付かせるためには、次期モデルに消費者を魅了するような目玉機能を搭載する必要があると指摘されている。 超人気iphone7ケース iPhone製造の発注先とは? 米バロンズなどの報道によると、iPhone 7の組み立て業務を主に請け負うのは従来どおり台湾の電子機器受託製造大手、ホンハイ(鴻海精密工業)。また台湾のペガトロン(和碩聯合科技)も一部組み立て業務を請け負い、全体の生産を補完するという。 Ray-Ban そしてこの2社は今回、デュアルレンズカメラや本体部品などの製造も請け負う見通し。なおこのニュースを受け、ホンハイとペガトロンの株価はそれぞれ4.7%と10%上昇し、それ以外の台湾電子部品メーカー株もつられて上昇したとバロンズは伝えている。 iphone7ケース iPhone、初の防水仕様か iPhoneの次期モデルについては、これまでに様々な観測が出ている。例えば米シーネットや米9toMacなどによると、iPhone 7には4基のスピーカーや前述のデュアルレンズカメラなどが採用される見通し。 グッチiPhone7ケース 内部は、高性能な「A10」プロセッサーと3GBのメモリーを搭載し、ストレージ容量が256GBのモデルも用意されるという。さらにiPhoneは初めて防水設計が施される可能性もあると伝えられている。 超人気iphone7ケース その一方で本体は現行の6sシリーズとほぼ同じで、iPhoneがそのデザインを大きく変えるのは来年発売のモデルからだと見られている。 これは、アップルの新製品やその発売時期を当ててきた台湾KGI証券の著名アナリスト、ミン・チー・クオ氏が、今年4月に出した調査ノートで報告したものだ。 超人気iphone7ケース 同氏によると、アップルが来年発売するiPhoneでは、その本体ケースに用いられる素材がすべてガラス素材になるようだ。 アップルが全面ガラス素材の「iPhone」を市場投入したい理由 (小久保重信) -Yahoo!ニュース個人 アップルは2012年に発売した「iPhone 5」から現行の「iPhone 6s」まで本体ケースにアルミニウムを採用してきた。 超人気iphone7ケースそうした中、ライバルメーカーのスマートフォンも同様にアルミニウムを採用するようになってきた。 このためiPhoneはすでに他社製品と明確に差異化できる要素がなくなってきたという。 エルメスiPhone 6ケースそうした中、アップルはまったく新しいデザインで、競争力を高めようとしていると、クオ氏は報告している。 (JBpress:2016年5月25日号に掲載/原題「『iPhone 7』で巻き返し図るアップル、今年の初回生産台数は過去2年で最大の7800万台」) 米アップルは今年発売するスマートフォンの次期モデル「iPhone 7」(通称)について、同社製品の製造を手がけるサプライチェーン企業(部品の供給と製造のネットワーク)に、7200万~7800万台を生産するよう依頼したという。 iphone7ケース  これは、台湾の経済日報(Economic Daily News)が最初に報じたものだが、その後複数の米メディアがこれを取り上げ、大きな話題となっている。 ■ iPhoneを再び成長へ  これらの報道によると7200万~7800万台は今年の年末までの生産台数。 iPhone6ケース香水風これはiPhoneの新モデルの初回生産台数として過去2年で最大。またアナリストの予測台数だった6500万台も上回っているという。 Dior iphone6ケース  もしこの報道が正しければ、アップルは今年投入する新モデルでiPhoneを再び成長させることができると考えているのかもしれない。  同社が昨年9月下旬に発売した「iPhone 6s」「同6s Plus」は機能が前モデルと大きく変わらなかったためか、10~12月期のiPhoneの販売台数は7478万台となり、1年前と比較し1%未満の微増にとどまった。 超人気iphone7ケース  また今年1~3月期の販売台数は5119万台で、同16%減少。これに伴いアップルの売上高は同13%減となり、その四半期売上高は13年ぶりに前年実績を下回った。 エルメスiPhone 6s plusケース  このことから、今後アップルがiPhoneの販売を再び活気付かせるためには、次期モデルに消費者を魅了するような目玉機能を搭載する必要があると指摘されている。 ■ 台湾の電子機器受託製造大手に発注  米バロンズなどの報道によると、iPhone 7の組み立て業務を主に請け負うのは従来どおり台湾の電子機器受託製造大手、ホンハイ(鴻海精密工業)。 iphone7ケースまた台湾のペガトロン(和碩聯合科技)も一部組み立て業務を請け負い、全体の生産を補完するという。  そしてこの2社は今回、デュアルレンズカメラや本体部品などの製造も請け負う見通し。 エルメスiPhone 6s plusケースなおこのニュースを受け、ホンハイとペガトロンの株価はそれぞれ4.7%と10%上昇し、それ以外の台湾電子部品メーカー株もつられて上昇したとバロンズは伝えている。 ■ iPhone、初の防水仕様か  iPhoneの次期モデルについては、これまでに様々な観測が出ている。 エルメス iphone7ケース例えば米シーネットや米9toMacなどによると、iPhone 7には4基のスピーカーや前述のデュアルレンズカメラなどが採用される見通し。  内部は、高性能な「A10」プロセッサーと3GBのメモリーを搭載し、ストレージ容量が256GBのモデルも用意されるという。 超人気iphone7ケースさらにiPhoneは初めて防水設計が施される可能性もあると伝えられている。  その一方で本体は現行の6シリーズとほぼ同じで、iPhoneがそのデザインを大きく変えるのは来年発売のモデルからだと見られている。 シリコンiPhone7ケース

[新製品]PFU、アルバムスキャナ「omoidori」、iPhoneを使ってアルバムの写真をデ

[新製品]PFU、アルバムスキャナ「omoidori」、iPhoneを使ってアルバムの写真をデジタル化 iPhone用のアルバムスキャナ「omoidori」  PFUは6月1日、アルバムに貼ってある写真を反射なく撮影し、きれいにデジタル化できるiPhone用のアルバムスキャナ「omoidori(おもいどり) PD-AS01」を6月下旬に発売すると発表し、受注を開始した。 【写真入りの記事】  発表会で、PFUの宮本研一取締役執行役員専務プロダクトビジネス担当ドキュメントイメージビジネスユニット長は「世界にたった1冊しかない大切なアルバムを、もっと身近に残したくてomoidoriは生まれた」と説明。 iPhone6sケース香水風製品化までに約10年を要した開発秘話を披露し、「アルバムの写真をそのまま、簡単にきれいに残せる」とアピールした。  omoidoriは、iPhoneを取り付けた本体をアルバムの上に設置して使う アルバムの写真をそのままの状態でiPhoneに取り込む「Omoidori」 PFUから登場 「Omoidori」  PFUが6月1日、アルバムに貼られた写真を、iPhoneと専用の取り込みキットを使って簡単にデジタルデータにできるというアルバムスキャナ「Omoidori」(想い撮り)を発表した。 iPhone6ケースグッチ6月1日から予約を受け付け、6月下旬から販売を始める。PFUダイレクトでの直販価格は1万2800円(税込)。 iPhone6ケース香水風 【専用のくぼみにiPhoneをはめ込んで、iPhoneのカメラで写真を取り込む】  アルバムに貼られた写真は、そのままではフラットベッドスキャナなどで取り込むのが難しく、フィルムをはがし、台紙から外して1枚1枚取り込むのも手間がかかることから、いまだにそのままの状態で押し入れや棚の奥にしまい込まれているものも少なくない。そんなアルバムの写真を、上から覆ってiPhoneで取り込むことで、簡単にデジタル化できるようにしたのがOmoidoriだ。 グッチiPhone7ケース エルメス iphone7ケース  Omoidoriは、iPhone 6s、iPhone 6iPhone SEiPhone 5siPhone 5をセットできるスタンドと、L判サイズの写真を外光から遮断するカバーを兼ねた専用の“写真取り込みキット”のような製品だ。本体は折り畳みができる構造になっており、ポーチなどに入れて簡単に持ち歩ける。 超人気 マイケルコースiPhone6ケース  外光を遮断することで表面のフィルムや写真の光沢面の反射をなくし、きれいな状態で写真を取り込む。内部には左右に2組ずつのLEDフラッシュを備え、右側を光らせて写真の左半分を、左側を光らせて写真の右半分を取り込み、1枚の反射のない写真を合成する仕組み。 Ray-Banレイバン サングラス2L判の写真も、左右に分けて2回スキャンすることで1枚に合成してくれる。  日付の自動認識機能もあるので、プリントされた日時を読み取って、Exifデータを自動編集。 超人気iphoneケース写真のサイズに合わせて自動でトリミングしたり、顔の向きを検出して写真を自動回転したりもしてくれる。赤目補正機能も備えた。 グッチiPhone 6 ケース  取り込んだ写真は専用のアプリで閲覧できるほか、フォトブックやプリントの注文をすることも可能だ。  本体のサイズは、広げたときで112×158×142ミリ、畳んだときで112×158×142ミリ。 iPhone6ケース重さは310グラム。単四形乾電池2本で約100 アルバムに貼った写真、テカりなくデジタル化 iPhone用スキャナー「Omoidori」 画像:ITmedia  PFUは6月1日、アルバムに貼られた写真を簡単にデジタル化できるiPhone用スキャナー「Omoidori」の受注を始めた。 シャネルiphone6 ケースLEDフラッシュを4つ搭載した折りたたみ式のガジェットで、iPhoneのカメラと組み合わせて使う。オープン価格で、直販価格は1万2800円(税込)。 シリコンiPhone7ケース出荷は6月下旬から。 【その他の画像】  iPhoneをセットしてアルバムの写真の上に覆うように置き、専用アプリを開いて撮影ボタンを押すと、内部のLEDフラッシュが2方向から光って写真を撮影。 シャネルiphone6 ケース反射していない部分を瞬時に合成し、きれいな画像にスキャンする。台紙から写真をはがす必要もなく、テカりのない画像を作成できるとしている。 シリコンiPhone7ケース  アプリには、写真に印字された日付を自動で認識し、Exifデータを当時の日付情報に変換する機能や、2L判までの大きな写真を半分ずつスキャンし、1枚に合成できる機能、写真のサイズに合わせて自動トリミングする機能、赤目補正機能、オンラインでフォトブックのプリントを注文する機能などを備えた。  iPhone 5/5s/6/6s/SEに対応。 iphone7ケース本体サイズ(使用時)は112(幅)×158(奥行き)×142(高さ)ミリ、重さは310グラム。単四形乾電池×2本で約1000枚連続スキャンできる。 ルイヴィトンiPhone6プラスカバー  大切な人との“想い”がつまった写真を残す楽しみや、振り返る喜びを体験してほしいという意味を込めて「想い撮り」(Omoidori)と名付けた。。 シリコンiPhone7ケース左右からLEDフラッシュを交互に当てて1枚ずつ撮影し、反射している部分を除いて1枚の写真に合成する。外部からの光が入らない構造を採用し、効果的な反射の抑制に成功したという。 シリコンiPhone7ケース  読み取り範囲はL判だが、専用アプリを使えば最大2L判までスキャン可能で、サイズの大きい集合写真は、半分ずつ撮影して合成できる。写真のサイズに合わせた「自動トリミング」や「顔向き補正」「赤目補正」のほか、写真に印字された日付を認識し、時系列順に整理することもできる。 iphone6ケースまた、アプリからオンラインで簡単にフォトブックやプリントを注文したり、メールやSNSクラウドサービスを利用したりできる。  対応機種は、iPhone 6s/6/SE/5s/5。 シリコンiPhone7ケースただし、「6」と「6s」以外は付属のアタッチメントを使う必要がある。折り畳んだ際のサイズは幅112×高さ152×奥行き32mmで、重さは電源の単4電池2本電池込みで310g。 iphone7ケース  直販サイトの「PFU DIRECT」と一部の販売店・オンラインショップで販売する。価格はオープンで、直販価格は税込1万2800円。 超人気iphone7ケース